TAMACWORDS

タマシイのはなし

マンガのはなし(2014/11)

直近読んで印象に残っているマンガをゆるく紹介します。とはいえ、初回ということで、ちょっと古いのもぽつぽつ出していきます。

コンプレックス・エイジ

コンプレックス・エイジ(1)

コンプレックス・エイジ(1)

コンプレックス・エイジ(2)

コンプレックス・エイジ(2)

26歳コスプレイヤーの話。本当にアニメが好きでコスプレが好きでやっているだけなのに、年齢の問題とか、職場でバレちゃう問題とか、そういう現実が次々と襲いかかってきて、全く笑い事でなく胃が痛くなるような話です。

アニメのキャラクターが好きすぎてちょっとでも近づきたくてコスプレをするんだけど、そこにトライするほど絶対に同じ存在にはなれないという隔絶を実感してしまう、という不幸が描かれます。

オタク趣味って、胸を張って「これが好きだ」って言えたとしても、心のどこかにはコンプレックスが存在しているもので、ちょっとした事でイライラしてしまったり落ち込んだりとか、そういうことが多いと思う。そういう些細な感情の変化もうまく表現できていて、その辺も含めてすごく胃が痛くなる話です。

例えば、敵意とか悪意とかあるわけではなかったとしても、自分のオタク趣味についていろいろ質問されるのってつらい。そういうのに対して「何か嫌」と感じたり、「ああいう上辺の興味が一番怖い」と思ったり、そういう拒絶したくなる気持ちがすごくよく分かる。たぶん大なり小なりオタクなら誰もが経験するコンプレックスだと思う。

「どうしてわたし達が逃げないといけないの?」っていう、どういうようもない問いかけが胸に突き刺さります。

カフカ

カカフカカ(1)

カカフカカ(1)

成人女性、コンプレックスつながり。こちらはフリーター24歳。

なんか中高生くらいの頃って無根拠な無敵感があって好き放題やれるんだけど、いろいろ経験して自分は全然特別じゃないしむしろ凡庸以下みたいな、そういう卑屈で諦め感の漂う女性が主人公。

で、その「無敵時代」に付き合っていた彼氏と再会するのです。

それで、まあその元彼氏がぶっちゃけイ○ポなんですね。女性に反応しないんです。それが主人公氏にだけは反応して元気になる。要するに特別なんです。卑屈ミジメ女子が特別なのかもしれないって感じてしまう。

これがめちゃくちゃかわいい。

『コンプレックス・エイジ』は本気で胃が痛くなるけど、こちらはコメディのノリが強くて、のんびり笑いながら可愛いものを愛でられるタイプです。少女マンガですが、イ○ポ含めてシチュ設定が非常にうまく、いい意味で予想を軽く裏切りながら話が展開されるので、男性が読んでもめちゃくちゃ可愛い24歳フリーターさんです。

ラーメン大好き小泉さん

男性が読んで可愛い女性主人公つながり。こちらは女子高生。

無表情、寡黙な美少女が足繁くラーメン屋に通って、麺とスープを掻き込んで恍惚の表情を浮かべるだけのマンガです。

基本的にそれだけなんだけど、本当に本当に本当に美味しそうに食べるんです。JKがね、美少女JKがね、ラーメン店を巡ってすごい美味しそうにラーメンを掻き込むんです。それを見ているだけで幸せになれるんです。

そういうマンガです。

あと、有名ラーメン店とか出てくるので、ラーメン好きならなお楽しめるかと。

賭ケグルイ

恍惚JKつながり。こちらはギャンブル狂。

学内のヒエラルキーがギャンブルの強い弱いで決まるっていう設定で、ギャンブル大好きな美少女転校生が大暴れする話。大勝負の前にこの転校生が恍惚の表情を浮かべるんだけど、ちょっとこわい。

設定も展開も非常にガンガンJOKERらしくて、個人的には満足度高いです。

ギャンブルはオリジナルなんだけど、ぱっと読んだ感じゲームとして破綻してなさそう。というか、駆け引きとか面白そうなものもあって、クオリティ高いと思います。

オリジナルなのにルールの説明、駆け引きのキモ、それから相手が仕込んだイカサマを見抜くところまでコンパクトに描けていて、展開が早いのもすごくいいです。

余録

一言ではなかなか良さを伝えられないので後日あらためて記事を書こうかなと思っているのですが、『フラグタイム』がすごく良かった。

本当に素晴らしい百合です。百合とはすなわち『フラグタイム』です。

フラグタイム 1 Championタップ!

フラグタイム 1 Championタップ!

フラグタイム 2 Championタップ!

フラグタイム 2 Championタップ!

あと、『ミミクリ』も、なかなか一言では表現できないけど面白かった。コンテンツって、「なにかを与えてくれるもの」と「なにかを奪ってくれるもの」に分けられると思っているのですが、『ミミクリ』は完全に後者です。繊細なエログロです。

ミミクリ

ミミクリ

それではまた。タイトルに(2014/11)って書いてるのは、「12月も書くよ!」っていう意味ではなく、「11月はもう書かないよ」っていう意味なのでお間違えないようお願いします。