読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMACWORDS

タマシイのはなし

今期開始アニメは面白いんじゃないかと思う その4

感想メモ 夏雪ランデブー この中に1人、妹がいる!

7月中に終わらせるつもりが、しっかりはみ出しました。面白そうなものをざっくばらんにレビューする企画はとりあえず「その4」でお終いの予定です。

これまで

  1. TARI TARI、DOG DAYS'、カンピオーネ!
    http://amanori.hatenablog.com/entry/2012/07/28/231001
  2. ソードアート・オンライン
    http://amanori.hatenablog.com/entry/2012/07/29/234632
  3. 人類は衰退しましたじょしらく
    http://amanori.hatenablog.com/entry/2012/07/31/171120

本日、ラストは『夏雪ランデブー』と『この中に1人、妹がいる!』の2本です。

夏雪ランデブー (4話まで視聴)

面白いです。とにかくセンスがいいです。

話のキモは、ある青年が花屋の女性店長を好きになって、でもその店長は夫に病気で先立たれた過去を持ち、なんと (彼女には見えないが) 旦那の幽霊がいつまでも未練がましく周囲をうろうろしているという、なんやらありそうでなかったような三角関係です。

で、男二人の心情がすごくよく分かる。そりゃもう、痛いくらいに。

特に主人公の葉月君なんて、好きな人にアプローチしているのか、いけ好かないその旦那にむかついているのかよく分からなくなるときがある。こういうのが個人的にツボ。ほら、彼は基本的にチキンですから、直面しているものから逃げたくなるときがあるんです (4話のラストとか)。そんなときに都合がいいのが、元旦那という敵で、しかもそれが「幽霊」であるというのだから、彼は根源的に旦那の存在を求めていたというふうにも考えられます。なぜ求めたのかというと、つまり、店長から逃げ出したいときがあるから。

彼の、旦那に対する対抗心から店長に積極的になったり、何かあったときに旦那の幽霊を言い訳にしたり、個人的にはそういうのがすごくいい。

で、旦那の方はと言うと、この未練たらたらな感じがいい。とにかく独りよがりな感じがいい。

さっきからキャラクターの駄目なところを挙げ連ねて「いい」を連呼しているんだけど、僕としては、本当にそういうところが気に入っています。

で、余談です。プレスコについてなんだけど、実は割と懐疑的です。声っていうのは体から出るものだから、視聴者が認知する体 (作画) があって、そこに声を当てるのが自然だと思うんです。まあ、テレビアニメの多くが未完成の作画に声を乗せているから、どのみち「体に声を当てる」ということにはなっていないんだろうけど。なんとなく、声から体 (作画) っていう流れはセクシーだなあって感じているんだけど、プレスコについては、機会があればまた後日。

この中に1人、妹がいる! (3話まで視聴)

面白いです。とにかくセンスが可笑しいです。

簡単に言うと、お兄ちゃんのパンツが落ちていたからうっかり妹が穿いて寝てしまって、そのパンツが温かくてお兄ちゃんへの恋心に気付いてしまうアホなお話です。で、お兄ちゃんが「いったい誰が妹なんだ! 見つけ出して結婚してやる!」というアホなお話です。

以前、萌えの提供方法が革新的だという趣旨の記事を書いて、好評を頂きながらも「褒めているのか貶しているのか分からない」というコメントも見受けられました。実はあの段階では褒めたつもりも貶したつもりもなく、単純に興味を持っていただけだったんですけど、今ではすごく気に入っています。だって、2、3話すごい面白かったよ。

今期で1番腹を抱えて笑いながら見ているアニメです。スタッフも明らかに可笑しいのをちゃんと分かってやっている節があって、その辺が逆に安心できます。

物語の構造として注目すべき点は、「誰が妹か」というミステリ的な要素と、数多のヒロインの中から誰が抜け出すのかという、いわゆるハーレムアニメ的サバイバルとが関与している点です。要するに、「誰が特別な存在になれるのか」*1という構造が見受けられます。

その中で、真犯人=実の妹は紛れもなく「特別」なんだけど、それではお嫁さんになれないというジレンマが生じている点が面白い。これは今の萌えコンテンツが持つジレンマとも関係していて、つまり、誰かを1番にしないとお話にならないのに、誰かを1番にすると他のキャラのファンがブチ切れる、ということ。

おそらく『中妹』もこのジレンマの打開策を持っているわけではないと思うのだけど、僕はこのアニメのラストは「もう全員が妹ってことでいいじゃない」というハーレム妹エンドだろうと予想しています。そうやってお茶を濁しておいて、視聴者がめいめい勝手に「自分の妹」を決めてくれればいいよ、と。ただ、このアニメは何かしてくれるかもしれないという期待感もある。

ちなみに現時点では僕の妹は雅ちゃんですが、本命の凜香ちゃんが後に控えていることを考えるとまだまだ予断を許さない状況です。しかしよく考えると、やはり2人とも妹でもいいのかもしれません。

さて、皆さんはどの子を妹にするか、もうお決まりでしょうか。


ということで「今期アニメは面白いんじゃないかと思う」シリーズは終了です。合計8本を軽く紹介&レビューしました。実は『織田信奈の野望』『ココロコネクト』『恋と選挙とチョコレート』も注目はしているんだけど、まだ見られていないので、なにかあればまた後日。

*1:これは主題歌でStylipSが歌っていることでもある